緊張してしまう人へ 自分の理想と他人の理想のズレ

トゥルーズ ガロン川の夕焼け フランス

 

オーディションなどで緊張するのは

自分が比較されている

自分が評価されている

と思うから

 

そして

自分も周りのダンサー達と自身を比較して 

自分を勝手に評価しているから

 

いつもできないことができるようになる

魔法はかからない

 

突然完璧な5番はできないし

足が180度上がることもない

 

でも見ている審査官やディレクターが

完璧な5番と180度上がる足を求めているとは

限らない

 

人生でも同じ

好きな人に認められたくて

綺麗にお化粧をしていたら

彼はお化粧をする女性が好きでなかったり

 

高価な腕時計を買い

付けて行っても

相手の女性はその価値がわからなかったり

 

後でオーディションに受かった人

役がついた人

好きな人を射止めた人

を見て「何で?」

と思った事あるのでは?

…つまりそういう事。

 

自分が思っている「理想」

と選ぶ側の「求めている人」

が違ったのです。

 

周りの人が何を求めているのかなんて

わからない

自分のベストを出せることが大切。

 

緊張すると

筋肉も硬直するから 

スムースに話すことや

上手く踊ることは困難になり

ベストはだせない

 

「一般的に…」

「常識的に…」

は主観

 

周りは見ない

自分に集中

ある意味メディテーション!

(メディテーションできる人は事前にするといいです)

自分らしさ 

自分のベスト

を発揮することが一番大事

 

自分の理想と

他人の理想は

マッチしない事多いです

 

はい深呼吸して

GO!

 

  ガロン川の夕焼け トゥルーズ フランス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です