オーディションNo.2  移籍?する?しない?

プラハ国立歌劇場

 

 

オーディション第二弾です

前回オーディションで大切なのは

運とタイミンングだとお話ししました。

運はまだしも

タイミングを逃していないですか?

運は自力ではどうにもならないけれども

タイミングはコントロールできる可能性があります

 

ダンサーさん達のお話を聞いていると

実はタイミングを逃しているのは自分の考え方かも?

と思う時が度々あります。

そうなんです、またタイミングが大事!

ちょっと今回は辛口ですが、悪しからず…

 

タイミングを逃す理由の3例

タイミングを一度キャッチしても

逃してしまう時の理由や言い訳を

分析してみましょう。

ダンサーさん達のお悩みを聞いていると色々とありますが

この3つに似たものが多いです。

 

<ケース1>

「もうシーズンも終盤。

今すでに次のシーズンの新作リハーサルに入っているので

自分が突然辞めると迷惑がかかる」

 

<ケース2>

「せっかく来シーズンの公演で良い役をもらったから、これを踊ってから辞めたい。」

 

<ケース3>

「もう契約破棄を正式に通知できる時期をすぎてしまっているから…」

 

真面目な人が意外と多いのですね。

どれも気持ちはわかるのですが大事なのは

短いダンサーの人生で何が自分にとって本当にプラスになるのか

よ~く考えて下さい。

<ケース1>遠慮は禁物!

迷惑かけたくない「立つ鳥跡を濁さず」?

嫌な言い方になりますが、代わりのダンサーは必ず見つかるのです

カンパニー側も

「去りたくて モーティベーションの低い

でもバレエ団のレパートリーを知り尽くしているダンサー」

よりも

「希望を持って前向きに仕事に来てくれる新しいダンサー」

の方を望むという意見がほとんどです。

 

「去るもの追わず、来るもの拒まず」の精神が雇う側、つまりバレエ団の意見。

自分が心配する「立つ鳥跡を濁さず」はあまり重要でない…

 

また今現在のディレクターと関係が良く

カンパニーでもそれなりに成功しているが、

より良いカンパニーやキャリアを望むために辞めたい。

でも突然辞めると伝えて、良い関係を築いた

ディレクターをガッカリさせたくないなぁと思うのなら

自分の展望や考え方をきちんと話しに行くべきです。

良い関係を保てているからこそ、ダイレクターも理解してくれるはず。

下手に嘘を作り上げたりするよりも、キャリアアップを望むことを伝えて下さい。

これらを天秤にかけてみて下さい

一瞬の迷惑をかける申し訳なさ+

もう一年変化のない時間を過ごす気分

V.S.

新しいカンパニーに移れた後の自分の成長+

ダンサーとして、人間として前進できる可能性

自分が大事

ダンサーの命は短いです

 

<ケース2> 今の自己満足より、将来のスキルアップ!

「その役踊りたい」 自分にプラスになりますか?

そのせっかくだから踊りたいパート、

夢に見た役を踊る事は自分のスキルアップにつながりますか?

答えがYESの場合はもちろん素晴らしい。

でも良く考えて下さいね。

そのために他のカンパニーからオファーされたお仕事を棒に振るわけです。

前回お話ししましたが、

今ダイレクターから契約をオファーされた=来年も貰えるはず

ではないのです。

再度天秤にかけてください

踊りたいパート、役を踊って得られる自己満足感

V.S.

オファーをもらったカンパニーへ移籍した後の可能性

またはキャリアとしてのプラスα

さてどちらが自分にとってのスキルアップになりそうですか?

もう一度リピートさせてくださいね

ダンサーの命は短いです

 

<ケース3>規則に例外あり!契約破棄?

国やバレエ団のシステムによって契約内容も違うと思いますが、

意外と例外も多いのです。

移籍するバレエ団の方で良いポジションをもらっていたら

つまり今はコールド、でもオファーされた契約はソリストであれば

ギリギリの通知でも許されるとか…

コールド、ソリスト、プリンシパル等の各ポジションで

契約内容もかなり違います。

バレエ団に契約などに詳しい人は必ずいるものです。

ダンサー代表の「カンパニー スピーカー」を担っている人などが多分…

信頼できそうな人であれば、契約の状態を聞いてみると

意外な落とし穴があって、セーフである場合も。

でも実は一番良いのは

色々と考えすぎる前に

素直にダイレクターに話しに行く事です。

実際には契約破棄の通告をする時期を過ぎていても

意外とさらっと「問題ないよ」と言われることも多いです。

<ケース1>でお話ししたように

カンパニー側は「去る者は追わず」です

仕事探している才能のあるダンサーは余るほどいるのです。

辛口でゴメンなさい。

(あなたが世界で超トップクラスのダンサーさんである場合は別ですが…

 

まとめ

最後に念押し。

ダンサーの命は本当に短いのです。

自分を大事に、後悔のないよう

ある意味自己中で生きていかないと…

周りは自己中な人間の集まりですから。

日本的な遠慮の美学は残念ながら理解されません。

肘で周りを押しのけて行く世界です!!

(実際にしなくてもいいですよ!考え方の話です!)

 

周りがどう思うだろうなどと心配せずに

目標に向かって

まっすぐ前進してください。

応援しています。

写真:プラハ国立歌劇場 チェコ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *