留学 本当に正しい道?

オーギュスタン美術館 トゥルーズ フランス

留学が決まっていたのにコロナの影響で

行けなくなってしまった人もいるようですね。

ガッカリですよね…

でもよく考えるチャンスかもしれません。

何事も視点を変えてみるのは大事。

ポジティブな面もあるかもしれない!

 

まず目的とゴールをクリアにしましょう。

留学して

何を学びたいのか

何を身につけたいのか

何が必要なのか

自分には何が足りないのか

その上で

留学が本当に正しい道なのか

よくよく考えて下さい。

 

留学という「行為」が憧れで

目的とゴールが曖昧なまま渡航してしまうと

厳しい現実を突きつけられて

夢が目前で音を立てて崩れ落ちる…

瞬間に耐えられる強いパワーがありません。

 

ふんわりと

「ヨーロッパの街並みが憧れだし〜」

「一度オペラハウスに行きたいし〜」

と留学するなら良いのですが

真剣にプロになりたいと考えて留学するならば

プロにたどり着くまでの留学期間中に

何を学びたいのかクリアにしておくのをお勧めします。

 

もしかすると

日本でも同じ事学べるかもしれないですよ?

 

今は海外で活躍をなさって

帰国後に教えている先生方も多いです。

日本人であることの難しさなども

恐らくよくご存知だと思います。

その上で海外で経験した知識やテクニックを

教授していただけますし…

日本の先生よりも

留学先の先生の方が良いとも限りません。

先生との相性もあります。

 

とりあえず

AがダメならB

留学がダメなら

今日本で何ができるのか考えて下さい。

写真:オーギュスタン美術館 トゥルーズ フランス

Leave a Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA