「ヨーロッパで一流のバレエスクールを卒業すれば…」神話

エステート劇場 プラハ チェコ

 

たまたまダンスの雑誌が目に入りました。

あ、気になる…

こんなタイトル

日本のバレエ界の問題点 ─ 

「なぜ日本人バレエダンサーはローザンヌで活躍するのか?」

ところがヨーロッパ勢の出場者は特に少ない。欧州にはしっかりしたバレエスクールがあり、一流のバレエスクールを卒業すれば、直結のバレエ団や他のバレエ団に入りやすいので、わざわざローザンヌバレエコンクールに出場する必然性は乏しい。

 

(とても古い記事でした!)

 

ん~

そうですよね、「必然性」は乏しいです。

でも…

「一流のバレエスクールを卒業すれば、直結のバレエ団や他のバレエ団に入りやすいので」

そんなに現実は甘くないと思います。

ヨーロッパのバレエ団直属のスクールを卒業した欧米人だって

契約に空きがなければ直結のバレエ団どころか

他のバレエ団に「入りやすい」…

という状況下にはいない

 

もちろん「入れる」とは書かれていませんから

記事に間違いではないです!

そこを指摘したいわけではありません。

 

契約に1つ空きがあって、同じくらいの技量のダンサーが何人かいたら

もちろん直結のバレエスクールからのダンサーを優先すると思います。

 

ここ数十年間、留学を夢みる若いダンサーの卵たち多いですよね。

 

実際に留学をして成功し、プロとして

バレエ団のソリストや主役として活躍されている方もたくさん。

素晴らしいことです。

最近の日本人ダンサーさん達のレベルも高く、

同じ日本人として、とっても誇りに思います!!!

ただ知っておいてくださいね。

そこにたどり着く人たちは本当に

ごく少数なんです。

 

もちろん夢を持ってください。

もちろん自信を持って毎日のレッスンに

切磋琢磨(古いか!)してください。

 

 

でも現実は時として

とても辛い事実を突きつけてくる可能性があること

夢がかなわない可能性の方が

成功する可能性よりも

かなり少ないことも

必ず頭のどこかにインプットしておいてください。

 

選ばれた人達の世界なんです。

 

続きは次回に…

写真:エステート劇場 プラハ チェコ

Leave a Comment

Your email address will not be published.

CAPTCHA