コロナ禍のヨーロッパ旅 距離感への意識

KLM above clouds

 

まだまだコロナ禍ですが

ヨーロッパでは少しづつ世の中が

動き始めました。

 

久しぶりにお仕事で

ヨーロッパ間でのフライトをした際に感じた

距離感への意識

について。

 

このブログのテーマとは少し違いますが

多くを考えさせられましたので

自分のメモとしても

書いておこうかと思います。

 

距離感への意識

空港へ向かうと

チェックインカウンターで

まずPCRテスト結果のチェック。

 

考えてみたら

今はフライトに乗る人は皆PCRテスト陰性。

少なくとも72時間前は…陰性。

電車より安全かも?

と思いましたが

機内はほぼ満席。

 

ビジネスっぽい人も

プライベートっぽい人も。

満員のフライト…

 

やはり少々微妙で

いごごち悪し。

 

空港内の至る所で

1.5mの距離を保つようにとのサインがあるのに

フライト内では数十センチの間隔で座る。

つじつま合わないなぁと感じてしまいます。

 

ボーディンング前までは

チケットをスキャンする所まで

床に1.5m のサインがあり、

乗客たちは大人しく距離を保つのに、

機内への通路ではもう距離は保たない!!

30秒前には1.5mの距離を開けていたのに

 

ほんの一瞬で忘れて

意識しなくなる。

 

みんな携帯を見ながら前の人に接近して…

距離感は50cm

 

意識の持ちようですが

う~ん、と考えてしまいました。

 

少し話題はそれますが

日本でも実は不思議に思って見ていました。

ある有名ドーナッツ店は

何かしらのキャンペーンを開催し

お店の前にできていた列は

間隔なく並んでいましたし

 

スーパーの中でも

すっかり忘れていますよね。

 

ドイツのスーパーでは店内に入れる人数の制限があり

大きなカートを持って入らなければならないので

必然的に前後の距離が保たれます。

 

あ、デパートとかは

空いてないです。

もう半年くらい閉まったままです。

 

空気を読む感覚

フライトに戻ります。

着陸後に機内から降りる時に

前の列からの順番に降りるようにとのアナウンス。

 

普段はがシートベルト着用サインが切れると

皆、あっという間に立ち上がり

我先にと出口へ進みますが

皆さん良い子に座って待っている…

お~すごい!

…と思いきや

やはり数人が立ち上がりいつもの行動。

 

多くの言語でのアナウンスがありましたが

もちろんどの言葉もわからない方もいるでしょうし

聞いてない人もいるでしょう。

 

でも不思議に思うのは

皆が座って動かないでいるのを

変だと思わなかったのか?

空気を読めないタイプ…なんでしょうね。

彼らはCAさん達から席に戻されていました。

 

ワクチン接種後の意識

 

ドイツでは少しづつワクチン接種も進んでいて、

高齢者や基礎疾患持ちの方々、

お仕事の関係で人との接触の多い方々などの

優先接種も落ち着いてきているよう。

多くの州ですでに一般の人達にも

ワクチン接種が開始になっているはずです。

 

そんなドイツの電車内でのある光景。

 

乗務員から

「マスクを鼻までかけてしてください」

との注意に

「予防接種したから」

と若い男性のの返事

 

接種したら100%安全ではないですよね…

 

皆それぞれにコロナに対する意識や考えが違い

何かを強制するという事の難しさは

常に話題になっていますが

接種が行き渡ると…

この先どうなるんでしょう。

マスクをきっと少しづづ外し始める…

 

距離を保つマークがなくなったら

数秒で全て忘れて

他人に接近して立っているのと同じように

 

手をよく洗うとか

消毒したりもすっかり忘れるのかな?

 

他人との距離感覚が元に戻る?

 

明日からどうぞ皆と会って

ハグだのほおにキスだの

していいですよ~って言われて

やっぱり…少し不思議。

こういう事を考える時

自分はつくづく日本人なんだなと思います。

 

欧州の皆さんは

待ってました!とばかりに

翌日から喜んで

皆をハグをしに行きます!

 

30年もヨーロッパにいますが

やはり意識も感覚も違うなぁと

感じる瞬間です

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *